• Home
  • 開業
  • 会社員の副業に「間借りビジネス」がおすすめの理由とは
2018年12月19日(水)

会社員の副業に「間借りビジネス」がおすすめの理由とは

企業の終身雇用制度が崩れ、副業が容認される流れになったことは、みなさんもご存知かと思います。
事実、副業を解禁する企業の数は右肩上がり。誰もが知る大手企業でも、解禁する企業が増えています。

これまで会社員の副業といえば、家業の手伝いやアルバイトが中心でしたが、最近は、空きスペースを借りて飲食店などを経営する「間借りビジネス」に、大きな注目が集まっています。

では、「間借りビジネス」の魅力とはどんなところにあるのでしょうか。

詳しくご紹介いたします。

自分の都合に合わせて仕事ができる

会社員が副業をするうえで、1番大変なのはスケジュール管理なのではないでしょうか。

シフトの自由がきくアルバイトは、なかなかありません。また、アルバイト先の都合で休みが全部潰れてしまうなど、かなりハードな状態になってしまう可能性があります。

その点、「間借りビジネス」であれば、勤務時間は自分で決められます。会社との両立がしやすいのです。

本業に役立つスキルが身につく

自分でビジネスを立ち上げることで、資金繰りや売り上げ目標の決定、マーケティングといった経営に必要なスキルを身につけることができます。会社のトップの考えていることを理解することで、より本業で成果を上げられるようになることでしょう。

アルバイトでも接客スキルなどを磨くことはできますが、経営スキルを身につけるのは難しいですよね。

「トップが何を考えて、何を行っているのか」を理解している社員は大変貴重です。
会社にとって不可欠な人材へ成長できると思います。

「まさかの事態」のリスクヘッジになる

入社すれば「一生安泰」と思われていた大手企業が倒産というニュースも、今では珍しいものではありません。

もし、会社の給料が収入の全てだとしたら、仕事を失った場合、一気に生活苦になるでしょう。

そんな事態を防ぐために、会社以外の収入源を確保するのは非常に重要です。収入がゼロではないというのは、金銭面はもちろん精神面でも余裕を生みます。

場合によっては、「間借りビジネス」を本業にする。派遣社員でゆとりのある働き方をしながら「間借りビジネス」を育てる。そんな働き方を選ぶことも可能。

まさかの事態でも、幅広い選択肢を持つことができます。

まとめ

いかがでしょうか。

「間借りビジネス」を副業とすることで、将来の可能性が広がるのが、よく分かりますね。

興味のある方は、ぜひチャレンジしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です