• Home
  • 開業
  • カフェ開業のハードルは“間借り”でグッと低くなる!
2018年10月19日(金)

カフェ開業のハードルは“間借り”でグッと低くなる!

自分のカフェを開きたいけど、資金がそこまで用意できない。店舗運営が不安…。という方も多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、間借りでのカフェ開業。そのメリットについて、くわしくご紹介します。

費用を抑えられる

間借りの最大のメリットは費用を抑えられる点です。

まず、飲食店を賃貸で開業した場合にかかる費用は、初期費用として、敷金・礼金、仲介手数料、造作譲渡代金とその手数料(居抜き物件の場合)、内装工事・設備費用がかかります。
物件にもよりますが、数百万円はみておきたいところです。

さらに、月々の家賃、仕入れ代など継続的にかかる費用も多いので、資金的余裕がかなり必要になります。

その点、間借りであれば、賃料を抑えられるのはもちろん、飲食店のスペースを借りることで、設備にかかる費用も大幅に節約できます。

「まずは副業から」など無理のない規模でスタートできる

間借りカフェのメリットとして、「夜だけ」「週1日だけ」といったように、短い時間や少ない日数でカフェを始められる点があげられます。

会社勤めのかたわら、カフェを経営することも可能なので、資金面など無理のない範囲で
お店をスタートして、腕を磨きながら、少しずつお店を大きくしていくことも可能です。

事実、間借りカレーなどの間借りで始めた飲食店が、人気が出たことで、実店舗を持つようになったケースもたくさんあります。

経営のリスクが大幅に軽減できるので、安心してスタートできますね。

既存店のファンを取り込め、集客力が大きい

カフェを経営するうえで、ポイントとなるのが集客力。たくさんのカフェのなかから、選んでもらえるお店になるのは、なかなか難しいもの。

ところが、この集客力において“間借り”は大きなアドバンテージがあるのです。既存店の常連さんが興味を持って、お店に来てくれるケースも多数。また、例えば「日替わりで店長の変わるカフェ」といったように、間借りであること自体がカフェのコンセプトとなり、人気を博しているケースもあります。

特にオープン当初は、知名度が低く、集客に苦労する可能性が高いので、間借りのメリットを最大限活かして集客へとつなげましょう。

まとめ

いかがでしょうか?
間借りでカフェを経営するメリットが多いことが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

ぜひ、「自分のカフェを持つ」という夢の実現のために、賢く“間借り”を活用しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です