2019年1月9日(水)

あなたのカフェを「間借り」が救う?空きスペースを貸すメリットとは

夢だった自分のカフェを持てたのに、いまいちお客さんが来ない。思ったように収益が出ない。
そんな悩みを抱えてはいませんか?

町に出れば素敵なカフェがたくさんあって、その中で生き残るのは至難の技。
一説には、カフェを開業して3年持つのは半数とのことです。

差別化を図ろうにも、値下げするには厳しいし、改築は費用がかかる。

そんな悩みを抱える方に、おすすめなのが営業時間外や定休日、空いているスペースを活用して、間借り物件として貸すことです。

これからそのメリットを詳しくご紹介します。

家賃収入が得られる

お店を閉めている時間や、使っていないスペースは、はっきり言って何も生み出しません。

ですが、貸し出しをすることで、家賃収入が得られます。その間は自分が働いていなくても、勝手に利益が生まれるのです。店の売り上げの他に、安定した収入が得られるのは心強いですよね。

カフェの「売り」になる

たくさんあるカフェのなかで、特色を出すのは大変です。ただ、オシャレでメニューもおいしいだけでは、生き残るのは難しいでしょう。

ですが、スペースを貸し出すことで、カフェのブランディングが手軽にできます。

例えば、スペースをアクセサリーショップに貸したとすると、「アクセサリーを買えるカフェ」として、他との差別化が図れます。

他にも、アートギャラリーや雑貨屋などカフェとの相性が良さそうなショップはたくさんあります。

おいしいメニューを楽しむだけではなく、プラスアルファのあるカフェなら、イベント感覚で来てくれるお客さんも多いのではないでしょうか。

お客さん獲得のチャンスが増える

スペースを貸し出すことで、お客さんを獲得できるチャンスはグッと増えます。

例えば、アートギャラリーに貸した場合、そのアーティストのファンや友人などが来て、カフェで一休み。といったこともあるでしょう。そこで、お店を気に入ってくれたらリピーターになってくれる可能は大いにあります。

また、宣伝効果も見逃せません。貸した相手が、自分のお店を宣伝するために、SNSで拡散した場合、当然カフェの名前なども一緒に知らせるはずです。つまり、何もしなくてもスペースを貸した相手が、どんどんお店の宣伝をしてくれるわけです。可能であれば、お店の写真や簡単な説明も記載してくれるようお願いしても良いでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。

カフェの空いたスペースを貸し出すのは、たくさんのメリットがあります。

大切な自分のお店を盛り上げるために、検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です