2018年8月10日(金)

店舗拡大の布石になる!資金を抑えたマーケティングを実現

既存のお店を持って経営されている方でも、間借りで店舗シェアすることで
店舗拡大のために取り組むべきことを手軽に実現できるようになります。

商売に大事なことは、ずばり!

「この商品が売れるかどうか?試してみなければわからない。」です。

ビジネスは、実際に顧客に商品やサービスを利用してもらわないと価値はわかりません。
大手の企業では、店舗レベルでマーケティングとして試したりしているのです。

個人の店舗経営でもお試しで様々な好立地エリアで出店してみたいけれど、投資資金も必要になり現実的ではありません。

そこで“間借り”の店舗シェアを使えば、費用も少なく市場調査ができるわけです。
つまり、将来の店舗拡大のための布石になる、資金を抑えたマーケティングに取り組むことが出来るんです。

資金を抑えた店舗展開で自社商品やメニューを世に出して、お客様の反応を調査することができるので、間借りする人にはとっても魅力的ですね。

では、間貸しする人には、メリットがないのでしょうか?

毎月のコスト削減が可能(間貸しによる負担削減・副収入)

間貸ししたい人にももちろんメリットがあります。
間借りしたい人を閉店時間や休業日に無駄なく割り当てて、家賃や光熱費、設備などの費用負担を分散させられるのです。

間貸し側も費用の負担が軽減されて、副収入にも繋がります。

店舗拡大も可能

間借りによって、店舗拡大に向けて、小資金でテスト出店が可能になります。
主要都市の好立地条件で間借り希望者を募集している店舗を探すのです。

例えば、福岡で人気のピザ屋を経営していたとします。
福岡で人気があるピザをネット販売ではなく、実店舗で大阪や名古屋、東京などで販売する計画を立てたとしましょう。

実際の店舗で新規エリアに参入は、資金が莫大に掛かります。
ですが、間借りで初期費用を抑えた店舗進出ならば、早めに「福岡で人気のピザの味」を主要都市で披露できるのです。

つまり、テストマーケティングを手軽に行えて、手応えがあれば、本格的に店舗拡大にもつながっていきます。

資金を抑えたマーケティングになる

間借りで店舗のシェアをすることで、資金を抑えたマーケティングができることが理解できたでしょうか?
手軽に店舗の展開ができるため、実際の“生の市場調査”が可能になります。

アイデアをアイデアのまま終わらせないで、行動に移しやすくしてくれる。
その手助けをするのがMAGARI ICHIBAです。

実際に異業種や業態が近い店舗がコラボした時に、新しいサービスや商品の提供になっていく未来型の店舗経営に期待が高まりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です