• Home
  • ブログ
  • 注目のテイクアウトビジネス!間借りを利用して手軽に出店しませんか?
2020年1月14日(火)

注目のテイクアウトビジネス!間借りを利用して手軽に出店しませんか?

最近では、「テイクアウトスタンドや キッチンカーなどから料理を注文して、オフィスや自宅へ料理を持ち帰ること」いわゆる“テイクアウトビジネス”が脚光を浴びています。テイクアウトビジネスは、間借りやキッチンカーなどで手軽に行うことができます。今回は、このテイクアウトビジネスの特徴を検証していきます。

1. テイクアウトビジネスとは?

テイクアウトでお弁当やコーヒーを売ることは、軒先ビジネスとも呼ばれています。オープンスペースにある簡易的なテーブル席で食べたり、オフィスや自宅へ運んでから料理を食べたりと、お客様の自由なスタイルで料理や飲み物を楽しむことができます。

また、テイクアウトビジネスはお客様とお店の双方に利点があると言われています。お客様は、実店舗で料理を食べないので、いわゆる場所代がかかりません。持ち帰りをする分、お得な値段で料理を購入することができるのです。また、お店側でも料理を売るだけで、給仕などのサービスが必要ないため、人件費や座席の維持費などがかからずに、効率的に利益を上げることができます。さらに、手軽に外食サービスを利用できる点も注目されています。

2. テイクアウトビジネスを始める方法は?

・キッチンカーで販売する

近年、軽トラックやワゴン車を改造したキッチンカーでの移動販売車を導入したテイクアウトビジネスが増えています。移動パン屋さん、移動式のカフェなど、固定のファンが多くいるキッチンカーも多いのです。出店場所は、都市部のビルの合間などにある公開空地などに、出展料を払って出店するケースが多いです。好きなものを、好きな場所に移動して販売できる点が魅力ではありますが、キッチンカーを準備するところから始める必要があり、車の購入費や改造費などの費用がかかってしまいます。初期投資に不安のある人にはなかなかハードルが高いかもしれませんね。

間借りを利用する

一方、間借りで行うテイクアウトビジネスは、キッチンカーに比べて手軽におこなうことができます。なぜなら、ネックとなる初期投資がほとんどかからないからです。最近人気を集めている間借りカレーにあるように、オーナーのお店の一角を借りて簡単な調理と販売をおこない、テイクアウト専門で販売すれば間借りで簡単にテイクアウトビジネスができます。炊飯ジャーや、調理器具用の電気プラグの確保、料理を盛りつける台、洗いものに利用できる流しなど、事前に必要なものをあげておき、お店のオーナーに借りれるかを確認してOKをもらうことができれば、器具などの初期費用なしでテイクアウトビジネスを始めることができます。

3. まとめ

このように、間借りを利用したテイクアウトビジネスは「とりあえずお試しで飲食関連の仕事をしてみたい」「副業で始めてみたい」という初心者の方に向いているといえます。消費税率も、イートインとテイクアウトでは税率が異なるために、消費税率が有利なテイクアウトビジネスに多くの方が注目しています。 やってみたいけど、今までなかなか踏みだせなかった方、この機会に間借りを利用してテイクアウトビジネスに挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です