• Home
  • ブログ
  • アーティストにもおすすめの間借り活用法!
2020年4月22日(水)

アーティストにもおすすめの間借り活用法!

アーティストとして活躍する方は、作品を発表する機会を作って世の中に広めたいと考えるのではないでしょうか?今回は、間借りのシステムを利用したギャラリーの運営や作品のPR方法について考えます。

1. 作品を発表する場所

1)個展を開催

個展やギャラリーでは、絵画や陶芸、華道、書道など様々な作品が展示されています。個展を開催するときには、場所を探す労力や経費など相応の負担がかかりますので、なかなか容易ではありません。そして、特に気になるのは金銭的な負担です。場所代や個展運営のために生じる人件費、DM発送などにかかる費用、会場の装飾代などがかかってきます。

すでに人気で知名度のあるアーティストの個展であれば、集客力でカバーすることができ、負担は感じにくいかもしれません。一方で、初めて個展を開催する駆け出しのアーティストの方には、このような費用は重くのしかかります。個展よりも手軽にできるのは、複数のアーティストと合同の展覧会です。他にもグループ展や施設が企画した企画展に参加するなどの対応方法があります。

2)SNSやブログ

世間に広くアピールしたい場合には、SNSやブログで作品を公開することが多いです。作品の紹介を載せるだけではなく、作品の販売やアーティスト紹介や作風へのこだわりなども紹介すると良いですね。ここで、個展やグループ展の開催について告知することも集客力に繋がります。

2. カフェを間借りする利点

作品をPRするのに、有効な方法。それは、間借りを活用した作品の常設店です。カフェや喫茶店を間借りすることがおすすめです。

1)作品の常設展・作品の販売

カフェや喫茶店を間借りして、作品の常設展のような空間を演出します。レジの横や客席近くの壁に作品を展示してもらえば、お客さんの目にも止まりやすくなります。また、カフェなどのオーナーに依頼して、代理販売を行うようにお願いしてもらえば、作品をカフェのお客さんに購入してもらうことも可能です。このようにすれば、効率良く作品やアーティストの宣伝をすることができます。作品のイメージと合うようなカフェや喫茶店を探して間借りすれば、カフェや喫茶店側にも空間演出のアートとして捉えてもらうことができ、喜ばれることでしょう。

2)体験教室の実施

さらに可能であれば、間借りしている店舗を貸切って体験教室を開いてみてはいかがでしょうか。大人の習い事は、女性を中心に人気があります。陶芸やフラワーアレンジメント、ペン字など、大人の女性が習ってみたい内容は多いです。趣味の幅を広げるお手伝いもできるかもしれません。

3)交流会の開催

厨房が利用可能なカフェを間借りすれば、コーヒーや紅茶とスイーツを用意して交流会を行うことができます。カフェの営業時間内で間借りができれば、交渉次第でカフェスタッフに対応してもらうことも可能です。

3. まとめ

今回は、アーティストにおすすめの間借り活用方法についてご紹介しました。今の状況ではなかなか外出は難しいですが、今のうちに作品をたくさん完成させ、社会状況が落ち着いてきたら、間借りを活用して作品を公開してみてはいかがでしょうか。 「絵画・陶器・手芸」など、様々な作品を多くの方にPRする良い機会となりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です