• Home
  • ブログ
  • 予約サイトを有効に活用!間借りレストラン運営の秘訣
2020年10月14日(水)

予約サイトを有効に活用!間借りレストラン運営の秘訣

間借りレストランの運営は、常連となるお客さまを探し出すのが難しいものです。レストランの情報を提供しても、お客さまに上手く届かない・・といった悩みは尽きません。
そこで今回は、お客さまへの情報発信の機会として、予約サイトの有効活用方法についてご紹介します。

1. 予約サイトを賢く使う

間借り店舗では、以下のような理由で常連さんを見つけるのに苦労します。
・お店の看板が前面に押し出ていない
・不定期で営業している
・オーナーのお店がメインで営業している

そこで活用できるのが、オンラインの予約サイトです。これを利用すれば、集客が難しいとされる間借りレストランでも有効的にPRすることができます。予約サイト上で一度でも情報を閲覧していただけると、興味を持ってもらえる可能性が高まります。

予約サイトを使用するユーザーは、美味しい料理がないか、魅力的なレストランがないか、指定のキーワード(子連れ、デート、女子会…)などで検索しています。よく検索されるワードをページに取り入れることで、間借りレストランの様な小規模なレストランでも認知される確率がアップし、大手のレストランと同じ土俵に立ってPRすることができます。また、魅力的な料理の画像も必要です。いかに素敵な写真を撮れるかによってお店の印象が全く変わってきますので、ここは全力で準備しましょう。

予約サイトを利用するには、一定の料金がかかります。運営サイトによって料金体系は違いますが、送客手数料がかかります。例えば、予約客一人につき50円~200円ほどの場合や、予約のメニュー代金の8%ほどの手数料がかかる場合などがあるようです。

2. 予約サイトの利用例

コロナ禍で、飲食店の営業を助けるためのGo to eatキャンペーンが実施されています。この制度により、予約サイトに登録してある間借りレストランは、恩恵を受けることができます。予約サイトでは、Go to eatキャンペーン対象のレストランを予約するとポイントが付与されます。これは、一部の間借りレストランも対象になっています。一般的なレストランと一緒に店舗検索の対象となり、顧客を獲得する機会がアップします。
このGo to eatキャンペーンでは事業者に衛生的な対応を課しており、店内の消毒液設置や、換気の実施などを行うことが必要です。これらの対策を講じてGo to eatキャンペーンを利用すれば、新たな顧客を獲得する機会が広がっていきますよ。

3. まとめ

このように、予約サイトを利用することで効率的に新規の顧客獲得を狙うことができます。
予約サイトから各レストランの専用サイトに移行できる場合も多く、お店を知ってもらうには一番の方法です。手数料はかかりますが、まずはお店を知ってもらうことが大切ですので、思い切って予約サイトを活用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です